よくあるご質問

オルソケラトロジーはどういう人に向いていますか?
基本的には誰にでも向いておりますが、特に新陳代謝が活発で、かつ近視の進みやすい子供たちに特に効果の高い治療法です。


オルソケラトロジーの効果はどのくらいの期間であらわれますか?
近視度数の強さによって個人差はありますが、テスト装着時間中にある程度の効果は現れます。 しかし効果の持続という面では、一般的に一週間ほど夜間装着しなければ安定した視力は得られません。数ヶ月間にわたって治療を続けていると、2~3日に1回の装着で常時良好な視力を維持することができます。
人によってオルソケラトロジーの効果のあらわれ方に違いはありますか?
20歳未満の方たちは非常に早く高い効果があらわれます。かなり強い近視の場合でも完全矯正はさほど難しくありません。男女差もほとんどないと言っていいでしょう。しかし30歳以上になると、効果のあらわれ方が多少鈍くなる傾向にあります。特に女性より男性の方がその傾向は顕著で、その理由としてアルコール摂取量の問題や睡眠時間の不足などが考えられます。
オルソケラトロジーレンズを外したあと、効果はどれくらい持続しますか?
個人差はありますが、1回目の装着で翌日の昼くらいまで効果が持続します。装着する期間が長くなれば持続力が次第に延長し、一般的には一週間ほどで裸眼で生活できるようになります。もちろん、この効果も年齢や近視の強さによって個人差があり、子供や近視の軽い方は翌日から完全に矯正できる場合もありますが、反面睡眠時間を十分にとれない方などは、一週間では完全な効果が出ないこともあります
効果が出ないこともあるのですか?
どんなに強い近視の方でも、高齢者の方でも、効果は必ずあらわれます。ただ、近視は軽減しても、視力にそれが十分に反映されるとは限りません。強い近視の方がオルソケラトロジー治療を受ける場合、必ず近視は矯正されるはずですから、それまで使用していたメガネやコンタクトレンズは合わなくなります。たとえ視力の回復が十分でなくても、近視の進行に合わせて、途中でメガネやコンタクトレンズを交換する必要があります。
痛みはないのですか?
オルソケラトロジー用レンズはコルセット効果を利用するため、初日はゴロゴロとした異物感を感じることがあるかもしれません。それをやわらげるために、痛み止めの目薬を使用していただく場合があります。しかし、この異物感は角膜が正常化するにしたがって薄れていきます。2日目、3日目の装着中は初日に比べるとはるかに良くなっていることでしょう。 なかには、「この異物感によって子供たちが治療を続けることを嫌がる場合もあるのでは?」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、私達の今までの経験によると、そのことを理由に治療を中断するケースはほとんどありません。 それというのも、初日の装着が正しければ翌日の朝には視力が回復しているはずですから、子供たちは異物感や痛みよりも、”見える”という感激の方が強く印象づけられます。ハッキリと見えるということが理解できると、案外異物感は気にならなくなるようです。
一日の装着時間はどの程度必要ですか?
6時間程度は必要です。睡眠時間が十分に得られないと、矯正効果に影響が出てきます。睡眠時間は十分に取るようにしましょう。

日中の装着は大丈夫ですか?
基本は夜間眠るときだけ装着してください。昼間も続けて装着をのぞむ場合には、レンズの種類や合わせ方が変わりますので、ドクターに事前にご相談ください。ただし、このような使い方は特殊な場合を除いてあまりおすすめできません。
オルソケラトロジーレンズは毎晩装着しなければならないのですか?
毎晩の装着をしなければならない方もいれば、1週間に2~3回の装着だけで良い方もいます。なかには1週間に1回で十分という場合もあります。近視の強さや年齢によって装着頻度は異なります。
オルソケラトロジーを途中でやめるとどうなりますか?
治療期間の長さによっても多少違いはありますが、一般的に1ヶ月程度で完全に元通りになりますから、安心してオルソケラトロジー治療を開始することができます。
ドライアイでも大丈夫ですか?
オルソケラトロジー用レンズは夜寝るときに装着するので、涙の少ない方や眼の乾きやすい方でも安心してお使いいただけます。ドクターに事前にご相談下さい。



アレルギー結膜炎でも大丈夫ですか?
コンタクトレンズが原因でおこるアレルギーの場合でも、オルソケラトロジーは昼間は装着しないので、かえって眼の状態が良くなる場合があります。また、コンタクトレンズ以外の原因とするアレルギーにおいても、経験豊かなドクターの指導に従い、正しい処方を守っていれば問題がおこることはありません。
ドライアイやアレルギー結膜炎以外の眼の病気の場合も大丈夫ですか?
基本的には問題ありませんが、直接眼科医にご相談ください。場合によっては治療できないこともあります。



オルソケラトロジーレンズを使用して起こる合併症はあるのですか?
各々の人の眼に繊細に合わせていくコンタクトレンズですので、取扱いや使用方法を間違えるとトラブルがおこることがあります。眼科医の処方通りに正しく使用しましょう。
オルソケラトロジーレンズの使用に年齢制限はありますか?
近視を自覚できる4歳以上であれば、どなたでも治療の対象となります。


オルソケラトロジー治療法で効果があるのは近視だけですか?
矯正効果の中心はやはり近視ですが、近視の半分程度の強さの乱視なら十分に矯正することができます。しかし、残念ながら遠視には効果がありません。
費用はどのくらいかかりますか?また、保険は適用されますか?
費用については 費用 を御覧ください。また、保険に関してはとても残念なことなのですが、現在の健康保険の対象外となっております。


レンズの寿命を教えてください。
レンズの寿命は通常の高酸素透過性ハードコンタクトレンズと同じくらいと考えてください。
通院スケジュールを教えてください。
治療が始まった翌日、1週間後、1ヵ月後に目とレンズの状態を見るための検査があります。その後は1年に3~4回程度の定期検査を受けてください。目の検査だけではなく、レンズの検査もあわせて行います。定期検査はとても重要ですので、必ず受けてください。学童の場合は、春・夏・秋・冬など長期休暇を利用するとよいでしょう。
トップオルソケラトロジーとは一般診療のご案内治療の流れ治療費院内案内お問合せ1週間無料体験紹介システムよくあるご質問患者様の声
サイトマップリンク集プライバシーポリシー
Copyright © 2014- オルソケラトロジー アイメディクリニック. All Rights Reserved.
  • PC版