オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーの概要

オルソケラトロジーはハードコンタクトレンズを使って近視を治す方法のひとつです。

特殊なコンタクトレンズを用いて行います。通常のコンタクトレンズは光を屈折させて、装着している間、視力を矯正しますが、オルソケラトロジーで使用するコンタクトレンズには、度数が全くはいっていません。 夜間、眠っている間にコンタクトを装着します。

この間に角膜を矯正して、裸眼視力を回復させます。 矯正された角膜の形状はコンタクトレンズをはずしてからも、一定時間整った形で保持され、昼間の日常生活は眼鏡やコンタクトレンズなしで視力が矯正され、快適に裸眼での時間を過ごすことができます。



オルソケラトロジーのコンタクトレンズは、夜間装着したまま眠ることができる一般的な高酸素透過性のハードコンタクトレンズの2倍近くの酸素透過性を持っています。

非常に安全性が高い素材で作られています。 近視の強さが中等度の近視の方までに有効な治療法で、中等度の近視(視力0.05~0.1くらい)なら約2週間の治療で多くの方が、0.7~1.0くらいまで 視力が回復します。しかも放っておくとどんどん進んでしまう近視の進行にも予防にも効果があると いわれています。

お子様の近視の進行の抑制の他、アレルギー性結膜炎やドライアイ、コンタクトレンズの装着による充血でどうしても昼間のコンタク トレンズ装用が難しい方でもオル ソケラトロジーなら実践できる場合もあります。

オルソケラトロジーのメリット・デメリット

○メリット ×デメリット
  • 治療に年齢制限がない
  • 裸眼で日中生活が出来る
  • 小さな子供たちはより効果的
  • 近視の進行を抑制できる
  • 眼鏡やコンタクトで不自由な
    スポーツや職場に適する
  • 近視の度数の半分くらいなら
    乱視も矯正することが可能
  • 軽度、中等度の近視には特に効果が高い
  • 夜間装用のため異物感が
  • ほとんどなく失くしにくい
  • 近視の矯正手術より安全性が高い
  • 汚れの付着によるアレルギーが起こりにくい
  • 強度な近視と乱視には不向き
  • 遠視の矯正が出来ない
  • 度数によっては安定した視力が得られるまで時間がかかることがある
  • 装用の仕方により視力が安定しない事がある
  • 夜間や暗いところでは光がにじんで見えることがある
  • 年配の方は手元が見にくくなる
  • 使用中の眼鏡が合わなくなる
  • 眼の疾患によっては治療できないことがある



オルソケラトロジーの歴史

角膜の矯正レンズの開発は1950年に始まり、1962年の第7回アメリカコンタクトレンズ学会で初めてオルソケラトロジーと言う学問として発表された概念です。

この発表をきっかけに多くの医師によって研究や開発が進み、十分な効果があることが確認されました。 その後アメリカの国立眼科研究機関の一部としてオルソケラトロジー部門が設立され、社会的にも広く受け入れられるものとなりました。その後、素材やデザインの変更、改良を重ね現在の複数のカーブを持つオルソケラトロジーのレンズとなりました。

1998年にはアメリカのFDAに認可されるまでの高い安全性を得ることが出来たと同時に短期間ですばらしい成果を上げることが可能となっています。

オルソケラトロジーのレンズ

当院では シープレス というオルソケラトロジー専用のコンタクトレンズを使用しています。現在オルソケラトロジーはレンズ開発が進み、第三世代のレンズになっています。シープレスも第三世代のレンズで、より安全に効果的に開発されたレンズです。

アメリカのFDAが認可した高酸素透過性素材を使用しています。また欧米人の角膜と東洋人の角膜は少々異なり、東洋人の角膜はアメリカに比べると、すこし角膜のカーブが緩やかになっています。シープレスはこれらの問題を追及し、レンズのカーブや大きさなど日本人の角膜形状に合うように、特別に計算されたデザインになっています。

シープレスは研磨にもこだわり、他社のオルソケラトロジーのレンズより境界部は丸みを持たせ、角膜に傷を付けてしまわないようにという事と、涙の排出をスムースに行えるようにしてあります。
またすべてのレンズにレーザーマーカーでデータが刻印されており、容易にレンズデータを確認できます。

  • 日本人向けのオルソケラトロジー専用に設計されている。
  • こだわりの研磨技術で、角膜に優しく涙の排出もスムーズ。
  • レンズにレンズデータが刻印されている。
トップオルソケラトロジーとは一般診療のご案内治療の流れ治療費院内案内お問合せ1週間無料体験紹介システムよくあるご質問患者様の声
サイトマップリンク集プライバシーポリシー
Copyright © 2014- オルソケラトロジー アイメディクリニック. All Rights Reserved.
  • PC版